ビタミンのサプリメントによる副作用

サプリメントでビタミンを取り過ぎると、副作用の可能性があるといいます。サプリメントの中でもビタミンのものはかなりメジャーなものだといえます。健康状態の維持にはビタミンが非常に役立ちますが、ビタミンを過剰に摂取するとよくない作用が出ることがあります。どのようなビタミンを摂りすぎると副作用がおこるのでしょうか。ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。水溶性ビタミンはビタミンB群やC群などで、大量に摂取しても不要な分は尿と一緒に排出されます。脂溶性ビタミンはビタミンA・K・D・Eなので、体に吸収されやすいという特徴があります。一度吸収されると排出されにくいため、ビタミン過剰状態になってしまったりします。人体は、ビタミン過剰状態になると、どのような体の不調が発生するものなのでしょうか。ビタミンA を過剰摂取した場合には、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐などの症状が起こるようです。もしもビタミンEを過剰に取り入れると、カルシウムが細胞につながって細胞硬化などが起きます。水溶性ビタミンにも実は副作用があります。1日に10グラム以上もビタミン剤などで摂取してしまうと、一過性の下痢や嘔吐の可能性があるといいます。ビタミンというと体に良いというイメージがあり、サプリメントでついついたくさん摂りすぎてしまう傾向があります。たくさん摂取すればよいというわけではありませんので、副作用に注意しながらサプリメントを摂取するようにしましょう。

コメントを残す