ビタミンEサプリメントの副作用

様々なサプリメントが、ビタミンEの健康効果を取り入れようと成分に取り入れているといいます。ビタミンEには副作用はないのでしょうか。ビタミンEは、元々マーガリン、アーモンド等のナッツ類などに豊富に存在している栄養成分です。サプリメントでビタミンEを補給している人も少なくありません。ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種に数えられています。脂溶性のビタミンは、多量に摂取すると体の外には排出されず、過剰な状態になってしまいかねません。ビタミンEのサプリメントを過剰摂取したことによる副作用は、軽度の肝障害やビタミンKの代謝阻害などがよく言われてきました。この頃、これらとは別な副作用が認められています。ビタミンEの過剰摂取による新たな副作用とは骨粗しょう症だそうです。サプリメントでビタミンEを取りすぎると骨の新陳代謝に問題が生じ、骨粗しょう症になるといいます。食品からの摂取くらいであれば、そういった症状は起きません。過剰摂取による副作用は、健康や美容を高めるためにと通常以上のビタミンEサプリメントを摂取していた場合に発生することがあるようです。サプリメントを利用する際は商品の用量を良く確認して、ビタミンEの取りすぎにならないように注意していただきたいものです。

コメントを残す